MUSIC DAY 2007 10th ANNIVERSARY in SHIMOKITAZAWA〜夜に浮かぶ美術館〜

open / start 未定
前売券:¥2,000 / 当日券:¥2,300
(共にドリンク代別¥500)

【 出演 】
・American Shorthair
・mu-nya
・3markets(株)
・映像作家 岡眞太郎(映画上映)

【 チケット取り扱い・発売日 】
未定




MUSIC DAY in SHIMOKITAZAWA mobile site


MUISIC DAY official site





[MUSIC DAY in SHIMOKITAZAWA]


下北沢
GARAGE
CLUB Que
club251
SHELTER
・下北沢屋根裏
HIGH LINE RECORDS
440
BASEMENT BAR

代々木
Zher the ZOO


<< TOPへ

山田純也
(下北沢屋根裏 店長)
今年もやってきましたミュージックディin下北沢。屋根裏からはAmerican Short Hairの登場です。
彼らのイベント『夜に浮かぶ美術館』もいよいよ第3幕を迎えます。モノクロの絵に筆で色を落としていくような繊細さと、瞬間には書き殴るような爆発的な激情を魅せる、まさに息を飲むという表現がぴたりとはまる彼らの感覚の世界に一度身を浸して下さい。
屋根裏でお待ちしています。



American Shorthair

今年もミュージックデイにらいぶが出来て嬉しく思います。各らいぶハウスに出演してる方々と共に、音楽の持つ不思議な力で、下北沢を盛り上げられたらと思っております#

”夜に浮かぶ美術館”

この夜、下北沢屋根裏の夜空に浮かびます。当日は額縁を飾り、前の舞台では出演者達が今表現したいことを、音楽を通してありのままに表現します。

友人の映像作家による映画上演も予定。
館内は常識禁止。

開館します。



迫水秀樹(Vo)・横川翔太(Gt)・松本一真(Ba)・杉本賢二(Dr)

“聴く人の歌になりたい”
一見、窓枠のような額縁に風景画をはめ込む
その額縁という窓から見える世界は、もうひとつの確かな世界
四人の音
絡み合い
交じり合った時
ステージに
浮かび上がり
見える世界
それもまた
“もうひとつの確かな世界”
聴く人に観せたい
AmericanShortHairの音楽世界
上映しております

2004年5月   AmericanShortHair結成
2005年5月   自主制作音源『虹鱒の涙』発表
2005年8月   自主制作音源『鍵盤』発表
2006年4月   下北沢屋根裏にて、初の自主企画『夜に浮かぶ美術館』開催
2006年10月  『wild gun crazy compilation vol2』に参加
2006年10月  ネスコレコードより音源『水の指揮者』発表
2006年11月  自主企画『夜に浮かぶ美術館』第二夜開催
2006年12月  デザインフェスタにブース出展




公演終了致しました。
 

【 下北沢 】 GARAGE | CLUB Que | club251 | SHELTER | 下北沢屋根裏 | HIGH LINE RECORDS | 440 | BASEMENT BAR 【 代々木 】 Zher the ZOO   | TOPへ