INTERVIEW

SESSION LIVE「ジャムとジェリー」
ロマンチック☆安田(爆弾ジョニー) × 梅津拓也(ex.忘れらんねえよ) スペシャルインタビュー

SESSION LIVE「ジャムとジェリー」  ロマンチック☆安田(爆弾ジョニー) × 梅津拓也(ex.忘れらんねえよ) スペシャルインタビュー

2018年7月23日、下北沢GARAGEとロマンチック☆安田(爆弾ジョニー)による、新たなセッションライブが決定した。記念すべき第一回目の開催を前に、ロマンチック☆安田と梅津拓也(ex.忘れらんねえよ)のふたりのスペシャルインタビューを公開!

セッションライブとはどんなものなのか。いつもは見れない姿、いつもは聞けない生まれたのままの音楽を体感できるかも!?ラッキーハプニング瞬間?!

編集:GARAGE

1 2 3

梅津 セッションライブはやっぱり、ある程度楽器できる人じゃないと単純にぐちゃぐちゃになっちゃうイメージがあるかもしれないんだけど、ある程度音楽を聴いていて瞬間的な編集能力がある人がセッションというのをやると、本当にもうその場でしか出てこない、すごい音楽が生まれるんだよね。

どうやって弾 こうとかを考えてるのかもわからないくらいのスピードで出てきた音を、その瞬間に聴ける。

曲作りって、人にもよるけど一旦録っておいて聴いて、時間をおいて良し悪しを判断してから人前に出すって感じの流れなんだけど、そうじゃなくてその場でいいと思ったこと をすぐ聞けるってことはセッションの一番の魅力。

安田 確かに。

CDを作って入っている曲をライブで披露するっていう流れだと、お客さんは音楽が 生まれた瞬間を見てないわけですよね、実は。

梅津 実は、あれじゃない?爆弾とかもスタジオで曲作りやってて、なんかイタズラしてみようかなっていうフレーズがすげーよかったり。

安田 ありますあります。

梅津 多分そーゆー瞬間がいくつもあるのがセッションライブ。

安田 なるほど、瞬間に立ち会えるという良さ。

梅津 そうなの。

安田 僕が思うセッションの良さは、さっき例に出した ”グレイトフル・デッド” が見事に体現してくれているんですが、長時間聴いてても飽きない、疲れないっていうところだと思うんです。

聴き疲れしない音作りをしてるし、そういうプレイをしてるので、ずっと3時間、音に浸っていられるという…

梅津 そうだと思う。その日がどうなるかはわかんないけど、自分がイメージしてるやつだと、ベーシックがあって、誰かしらがソロをやったりとか、すると思うんだけど、結構ね、 セッションライブってやりやすいようにコードっていうか、展開は多くならない。逆にそれが、あれなんですよ、高揚感が出るという…

安田 反復でテンションが上がってくるというか、テクノとかハウスミュージックにも近い。

梅津 そーなの。展開した瞬間の広がり方、広がった瞬間の、なんていうか…爆発力というか、それを体感できるのはなかなかないと思うんだよね。

安田 確かに。

梅津 やってる本人たちもコントロールできないから。

安田 例えば10分間ずっと同じ音を聞き続けると、もっと言えば1時間とか。 そしたら人間は良い意味でも悪い意味でもおかしくなるんですよね。

でも例えば、30分のライブで10分間同じことやったら残りあと3曲しかできないよ!みたいな、それを出来にくい状況もあるというか。

梅津 そうなのよ、例えば忘れらんねえよだと、やっぱり3分間のPOPSの中でいかにっていう…

安田 いかにその要素を出してっていうか。

梅津 そうそう。

安田 それの、ノンカットバージョンを体感できるから、もしかしたら今までなかった感性の扉が開いて、ぶっ飛ぶかもしれない。

梅津 そう!そうなの! ぶっ飛ぶかもしれないっていうのが一番醍醐味かも。 俺がやっぱり、自分が参加してもそうだけど、なんていうのかな、ジャーマンロックのライ ブってそういう要素が強い…

安田 ジャーマンロックっていうのは、60~70年代くらいのドイツのバンドが作り出した音楽で、ずっと同じリズムのまま展開がないって音楽です、簡単に言うと。

梅津 で、まあ、俺が見に行ったライブで一番良かったのは、やっぱりあれかな、バンドじゃないけど、”カン”のボーカルのダモ鈴木さんが来日した時のセッションがやっぱりすごか ったんだよね。

同じことがずっと続くっていうわけで、はなかったんだけど、正直ね、見終わった後覚えてないんだよね。何があったかとか。

要は、聴くんじゃなくて体感するって感じで来た方が面白いと思うんだよね。

安田 なるほど。こういう話を聞いて、興味を持って行こうかなと思ってくれたとするじゃないですか。

で、どうやって楽しむのっていう。行ってどう楽しめばいいのか。

梅津 とりあえずお酒をめちゃくちゃ飲んで。

安田 飲める人は、お酒を飲む。それは一つの手ですね。

梅津 まぁ後は音に身を任せて、という感じですね。 そのやっぱり、バンドでやってると、この曲のこの時に手をあげてとか、予定調和がどうし てもあったりするわけじゃん。そういうのが全くないから、もう全然、ここで手をあげなき ゃいけないとかそういうルールが全くないわけ。だからもう自由に踊ってもいいし…

安田 そういう話を聞いてて思ったのが、たとえば普通のライブだったら、僕も観に行った時そうだけど、前を向いて集中しながら音楽を聴くじゃないですか。

セッションライブとかだと、7割音楽聞いてて、3割くらい他のことに意識が行ってたりしてていいと思うんですよね。

梅津 もっと多くてもいいよね、他のところの意識。

安田 後ろ向いててもいいし、友達と来てたら喋っててもいいし、

で、演奏がいい感じになって音が耳に入ってくるようになったら聴くとかそうゆうラフな感じで。3時間くらい、お酒飲める人は飲みながら音楽聴くみたいな感じ。

逆にそういうリラックスした状態の方がキマるかもしれないですね、音で。

梅津 笑。あんまり普段考えないこと、考えるかもね、音聴いてて。

思い出さないこととかを急に思い出して、「あー」みたいな。

結構、おのれの中でそーゆーのが出てくような気はするんですよね。

安田 恥ずかしい過去のことを急に思い出したりとか。

梅津 変な声とか出ちゃうかもしれない「ぁぅあー」みたいな。

安田 あと、今回は面白要素として、お客さんからテーマを募集して、それをお題としてセッションやろうと思うんですよ。

梅津 面白いね。

安田 でも、テンポが早いとかこーゆービートでっていうテーマじゃなくて、好きな食べ物とか、今までの失恋の経験とかそういうことを書いてもらってセッションに取り入れる。

たとえば、カレーライスとか同じ人に3回振られたとか、それを音で表そうっていう、こっち にしても挑戦的だし。

梅津 こっちも人数いる分、それぞれの解釈で音が鳴るわけだから。

安田 同じ人に3回振られた演奏の中で、ギターソロだけカレーライスでもいいですし、

梅津 ギターソロカレーライスって面白いなぁ。

安田 僕も今話しながらカレーライスのギターソロってどうしよっかなーて考えましたし、

でもそういう方が楽器演奏できない人でも楽しめるかなって。

梅津 そうだね。

安田 あとタイチサンダーっていう究極の盛り上げ野郎がいるから、お客さんと一緒にパー カッションとか手拍子タイムやるのもいいだろうし、踊ってのドラムの坂本は、ラッパーでもあるので、フリースタイルの流れにもいけるかもしれないと思ってます。

梅津 すごいなー。どうなるかわかんないな、あとはいないの?

安田 あとはギターを1人…全部で5人にしようかなーと思ってて。

GARAGEと協力しながら、現時点では探し中です。

梅津 安田くんは何の楽器やるの?

安田 ギターとキーボードどっちもセッティングして好きにやろうかなーと。

で、知り合いのミュージシャンとかには声かけて、来て弾いてくれたらお酒おごるから!っていう感じにしたいなあと思っていて、意外なあの人が来たりするかもしれない。

梅津 意外と集まってきて。

安田 やっぱり楽器やってるとみんなこういうの好きだから、特にギャラとか無くても行っちゃいますよね笑

梅津 下北沢なんてね、みんなすぐこれちゃうからね。

安田 なんで、是非期待ということで。最後に、これどう締めればいいんだろう?

梅津 まぁ意気込みてきなやつ。

安田 あ、でも僕は、タイチと坂本は何回かセッションしたことあるけど、梅津くんってめっちゃ一緒に演奏してるけどガチのセッションは1回もしたことない。

梅津 ないねー、まぁ俺自身もセッションてとこでやることはほとんどないから、ね、がっつり曲をずーっとやってたわけだから、それ以外の自分の引き出しをここで披露しようかな っていう。

安田 僕が妄想してるセッションの時の梅津くんは、もう音たちが飛び回ってるんですよ笑

面白フレーズをたくさん弾いてる姿が浮かんでるんで、そうやって3時間飽きないで楽しめるといいなって思っています。

梅津 もともと俺そーゆーバンドやってたから、忘れらんねえよやる前は。だからまぁ、久 しぶりにそっちの扉を開けようかなって感じだね。

安田 じゃあ、こんな感じで笑

ぜび興味があったら遊びに来てください。

梅津 一緒にわけわかんなくなって楽しくなれればいいなと思います。

 


<アーティストプロフィール>

ロマンチック☆安田 (爆弾ジョニー)
札幌出身の5人組ロックバンド、爆弾ジョニーのkey&gt。

2014年、キューンレコードからメジャーデビュー。最新のリリースは2017年11月に発売したEP「クレイジービートラリアット」。2018年に自己最長の21ヶ所の全国ワンマンツアー「太陽はまた登るか。」を開催。
hotspringのgt.狩野省吾とのユニット「やすぴとかのシム」でも活動中。

梅津拓也 (ex.忘れらんねえよ)
1982年1月4日生まれ。山形県出身。

中学時代にベースと出会い、バンド活動を開始。2000年に上京後、様々なバンドを経て、2011年に忘れらんねえよでメジャーデビュー。2018年5月、Zepp Tokyoでのワンマンライブを最後に忘れらんねえよを脱退。ベーシストの活動をメインに、ミュージシャンとして新たなスタートを切る。
60、70年代のロックをルーツに、オルタナティヴでノイジーなサウンドから、歌に寄り添う繊細なプレイまで、両極を往き来するスタイルを得意とする。
リッケンバッカーとファズの愛好家。

 

1 2 3
 イベント情報