FEATURE

特集

INTERVIEW

paionia×Sentimental boys インタビュー

来たる2017年11月26日(日)、ここ下北沢GARAGEにて「年輪」と称されるツーマンライブが行われる。
このイベントに出演するpaionia、Sentimental boysがその共同主催者である。なぜ今この2バンドが共同イベントを開催するに至ったのか、そして「年輪」という言葉に込める想い。彼らをよく知る小牟田玲央奈氏(吉祥寺WARP店長)が話を訊いた。


下北沢GARAGE presents 『TOKOROZAWA MEETING』

10月28日(土)・10月29日(日)に埼玉県所沢航空記念公園で行われる『第38回所沢市民フェスティバル』。
その市民フェスティバルの野外ステージで下北沢GARAGE主催のライブイベントを開催します!

【10/28(土)出演】関取花/wacci/SPORTS/ザ・チャレンジ/O.A:水野創太GROUP
【10/29(日)出演】Yap!!!/LUNKHEAD/鶴/ORESKABAND/O.A:オワリズム弁慶

◯雨天決行/出入り自由◯
TALK

リベラル a.k.a. 岩間俊樹 インタビュー

これは昨年12月10日(土)に行われたイベント、「GARAGE×Q2 presents “I.MY.ME”MINE」で行われたインタビュー。ラッパーであるリベラルの1stソロアルバム、「I.MY.ME」の全てに踏み込み、迫った1時間。「これが響かない日本は、どうかしちゃってる」という自負や想いを、製作中のエピソードを交えて赤裸々に語ってもらった。また記事の最後では、新曲「I.MY.ME.MINE」が限定公開!
TALK

Mummy-D (RHYMESTER) ×小出祐介 (Base Ball Bear) 対談

この対談は、昨年12月29日に下北沢GARAGEにて開催されたイベント「Q2 concert EXTRA〜NEW YEAR FROM HERE〜」の中で行われたものである。小出祐介は10代のころからひとりのリスナーとしてRHYMESTERを敬愛し、Mummy-DもまたBase Ball Bearの楽曲に客演した「The Cut -feat.RHYMESTER-」の制作を通じて、小出と濃密なコミュニケーションを交わした。 
音楽に注ぐクリエイティビティにおいて相思相愛の関係ともいえる2人の貴重なクロストークをここに蔵出しする。
INTERVIEW

「BIG POP」とは。

斉藤浩樹がワンマンライブシリーズ「BIG POP KITAZAWA」を始動する。
あきらかに天賦の才を持っていながら、名もなき歌うたいとして生きてきた男が、やっとその音楽に向けた情熱の発露を、能動的に解放するようである。
今、浩樹はなぜ「BIG POP」という大仰なフレーズを背負うのか?
その理由を語ってもらった。
インタビューの前に、仲間たちが寄せてくれたコメントを紹介する。