ライブハウス利用規程前文

このライブハウス利用規程は、当ライブハウスが、ライブハウスをご利用頂く方に対し、ライブハウス利用上の約束ごと及び、より良い音楽の創造のために当ライブハウスが提供する役務を明確にする事を目的とします。

第一条 適用範囲

ライブハウス利用者と当ライブハウスとの間で取り交わすライブハウス利用契約は、この規程の定めるところによります。ただし、ライブハウス利用者と当ライブハウスとの間で、この規程に定める各条項について特約を結んだ場合、その特約が優先します。また、この規程成立以前からライブハウス利用者と当ライブハウスとの間で良き慣習が確立されている場合、その慣習を尊重するものとします。

第二条 ライブハウス利用契約の定義

ライブハウス利用契約とは、当ライブハウスが所有するライブハウス及び音響設備それに付帯するサービスを有償でライブハウス利用者に提供する為の契約をいいます。

第三条 用語の定義

この規程で使用される用語は、以下の通りとします。 ライブハウス利用者とは、ライブハウス利用契約を結び利用料を支払う者をいいます。 関係者とは、ミュージシャン、マネージャー、その他ライブハウスを利用する者をいいます。

第四条 契約の申込み

ライブハウス利用者は、下記事項を明らかにして、ライブハウス利用契約の申込みを行うものとします。 ライブハウス利用者、作業内容 利用日、利用時間(開始時刻・終了時刻) ライブハウス料金の支払日、支払方法

2 ライブハウス利用の申込みをライブハウス利用者の代理人として行う場合、代理人は、その旨明示するものとします。

3 申込金が定められた場合は、ライブハウス利用者は当ライブハウスとの間で定める期日までに申込金を支払うものとします。申込金は、第十一条第一項のライブハウス利用料に充当するものとします。

第五条 契約の成立

当ライブハウスが、ライブハウス利用者からの申込みを確認し、その使用を受諾したときライブハウス利用契約が成立するものとします。

第六条 契約内容の変更

ライブハウス利用者は当ライブハウスの承諾を得て、ライブハウス利用時間の変更その他ライブハウス契約の変更を行うことが出来ます。

2 当ライブハウスはライブハウス利用者の承諾を得て、ライブハウス利用時間の変更その他ライブハウス契約の変更を行うことが出来ます。

第七条 ライブハウス利用者の契約解除

ライブハウス利用者は、ライブハウス利用契約成立後、ライブハウス利用契約の全部または一部を解除(キャンセル)することができます。

2 ライブハウス利用者が第一項に基づき、ライブハウス利用契約を解除(キャンセル)したときは、ライブハウス利用者は、当ライブハウスが別に定めるキャンセル料に関する規定に従うものとします。

第八条 ライブハウスの契約解除

当ライブハウスは、以下の場合ライブハウス利用契約を解除することが出来ます。ライブハウス利用者及び関係者がライブハウス利用に関し、法令の規定、公の秩序もしくは善良の風俗に反する行為をする恐れがあるとき。天災、地震、火事、豪雪など、やむを得ない事由によりライブハウスを利用することができないとき。

第九条 利用規則の厳守

ライブハウス利用者は、当ライブハウスが別に定めるライブハウス利用規則を厳守して、ライブハウスを利用するものとします。

2 ライブハウス利用者は関係者に対し、ライブハウス利用規定及びライブハウス利用規則を厳守させなければいけません。

第十条 楽器等の預かり

当ライブハウスは、原則として楽器、機材、(以下「楽器等」といいます)の預かりをしないものとします。ただし、当ライブハウスが承諾する場合、ライブハウスの利用期間内に限り、当該ライブハウスの利用に関る楽器等の一時預かりを行うものとします。この場合、楽器等の破損、紛失等については当ライブハウスは、責任を負担しないものとします。

第十一条 料金の支払い

ライブハウス利用者は、当ライブハウスに対し、ライブハウス利用料をライブハウス利用者と当ライブハウスとの間で取り決めた期日までに支払うものとします。ただし、当ライブハウスが認めた場合はこの限りではないものとします。

2 ライブハウス利用者がライブハウス利用料の支払いを遅延した場合、ライブハウス利用者は当ライブハウスが別に定める遅延損害金に関する規定に従うものとします。

第十二条 ライブハウスの故意または過失によるライブハウスの変更

当ライブハウスが故意又は過失により、ライブハウス利用者と契約したライブハウスを提供出来ない場合、当ライブハウスはライブハウス利用者と協議の上、ライブハウス利用者に対し、出来る限り同一の条件によるライブハウスの利用時間を設定、または他のライブハウスを斡旋するなど、誠意をもって対処することとします。

第十三条 損害賠償

ライブハウス利用者は、当ライブハウスに対し、故意または過失により損害を与えた場合、損害を賠償するものとします。

2 ライブハウス利用者及び当ライブハウスは、損害賠償の額及び支払方法などを決定するにあたり、協議するものとします。

第十四条 忘れ物

ライブハウス利用者及び関係者の忘れ物があった場合、当ライブハウスは一時保管し、九十日間を過ぎた場合処分することがあります。この場合当ライブハウスは責任を負わないものとします。

第十五条 駐車場

当ライブハウスは、ライブハウス利用者または関係者が利用する駐車場の管理については、責任を負担しないものとします。

第十六条 規程に定めのない事項

この規程に定めのない事項については、法令または一般に確立された慣習によるものとし、ライブハウス利用者と当ライブハウスが協議するものとします。